けろんぱ学園オフ2007 レポその3

実はこれ書くの3度目です。
2回ほど途中で消えました。
何?呪われてるの?
めげずに続きを書きますよ!
というわけで2次会のレポです。
みんなで揃って2次会の会場へ移動。
1次会の会場からすぐ近くでした。
2次会からの参加は、はるまきさんです。
もう、今回のオフの最大のイベントですよ!!
あの!!
はるまきさんに!!
会える!!
というわけで、人生初体験オフ以降、ずーっと持参していたスケッチブックが今回も登場です。

これ。


さてさて、2次会ですが。
なぜか予約が「左曲りの会」でした。
大阪の店員さんに、「アイツらは左曲りなんだな」と印象付けることに成功したようです。
一体どんな会なんだ・・・(^^;
そして、そんな場所に1人で待たされていたはるまきさん・・・。
さすがけろんぱ学園オフ。
やはり油断は禁物です。
一瞬油断しただけでも、左曲りというレッテルを貼られるくらいですから・・・。
ここから先も、一瞬も気が抜けないな・・・。
そう密かに思いながら、警戒レベルをさらに上げて、2次会へ望みます。
みんな着席して、飲み物を頼み。
そして、乾杯。
さー、食べるぞーーー♪と、一瞬気が緩んだ瞬間でした。
今回の進行役のマリアーノさんより、
「えー、今回の乾杯の音頭を・・・じゃ、SIGさんで」
やはりけろんぱオフ。
一瞬気を抜いただけでコレです。
しまった。。。
後悔先に立たず。
僭越ながら、乾杯というより完敗の音頭をとらせていただきました。
もう、気を抜くものかっ!!
「今回の店は、食べ放題、飲み放題だからー」
と、マリアーノさんより説明。
さすが大阪。
素敵なお店です。
さらに、
「最初は適当に決めて頼んでおいたから。後で足りない分を追加で注文してー」
さすが。
今回の進行役です。
この人に任せておけるからこそ、けろ姉さんも安心していられるのです。
やっぱり、頼られる人はどこか違う。
そして、運ばれてくる、注文された料理たち。

料理たち。

油断したーーーーーーーーー!!
進行役のマリアーノさんの活躍っぷりに見とれて、またもや油断していました。
やはりけろんぱ学園オフ。
何か起こります。
必ずそこには何かが起こるのです。
まるで津波のように押し寄せる料理たち。
机の上に乗り切らないほどの怒涛の攻めです。
(大げさじゃなくて、机に乗り切らなくて、お皿を手に持ったりしてました)
そして、みるみる下がる、進行役のマリアーノさんのテンション。
机の上の料理の量に反比例して、マリアーノさんのテンションがだだ下がりでした。
そして、そんな中で。
なんか、大皿に大量にあったレバ刺しを、けろ姉さんはぺろりと平らげてました。
さすが主催者。
あり得ないほどの大量なレバ刺しを、「好きやねん」という一言で、ぺろりと平らげるけろ姉さん。
たっぷり精を(性を?)付けられたと思うので、今後の更なるエロっぷりに期待です(笑)
さらにけろ姉さん、
「何か、ご飯食べたいなー。すいません、ご飯くださいー」
「あ、じゃあ僕もくださいー。」
特に米が食べたかったわけでもないのですが、何となくけろ姉さんに乗じてみました。
そして、運ばれてきたご飯。

油断したーーーーーーーーーーーー!!
また、油断してしまいました。
ありえない。
この量はあり得ない。
既にあり得ない量の料理が来ているのに、この米の量は何だよ?
と、明らかにひいてしまった僕に対して、けろ姉さんは冷静に、レバ刺しを平らげつつ、さらにこのライスをも平らげておられました。
素晴らしい。
あまりに長くなりすぎましたので、続きは次回更新にて。

コメント / トラックバック7件

  1. malrno より:

    出された料理の写真、ちゃんと撮ってあってんなぁ!(*・∀・)スバラシス!
    あの料理の量は、私も正直驚きましたよ。何せ、その店は私、初訪問でしたので(汗
    どんどん出てくる料理の量に、内心は↓でしたよ…
    ぉ、/(;´∀`;)?オ・ワ・タw
    確かにテンションはだだ下がりでしたね、はぃ。
    まぁ、下がった理由は他にもあったのですがね…。
    続き、楽しみにしてるので、頑張ってください!
    三度目の挑戦、お疲れ様ー。

  2. けろ姉 より:

    えーと、料理の注文は私がまりあーのちんに
    「一緒に考えて?」とお願いしたものなのでお間違えなく(笑)
    1つ1つの料理の量がはるかに上回っててびっくりしたわ?
    特にオムソバ!一応2人前という話だったんだけどねアレ・・・υ

  3. けろ姉 より:

    投稿したコメントの編集の仕方がわかんないので追加(笑)
    私も料理撮影しとけばよかったー!
    激しく後悔。
    そして続きに期待ッワクワク(・∀<)⌒☆

  4. SIG より:

    > まりあーのさん
    むしろ、写真は料理とか人間じゃないものしか撮ってません!!(笑)
    自分自身もそうなのですが、あんまり許可なく人の写真って撮るのは失礼だと思うので(^^;
    本当に、あの料理の量には驚きましたよね!!
    でも、さすがネタの神様に愛されてるなぁと関心してました(笑)

  5. SIG より:

    > けろ姉さん
    あーーー!
    そういえば、けろ姉さんと二人で注文してたと言ってましたね(^^;
    完全に抜けておりました。
    申し訳ないです。
    ちなみに、コメントの編集は出来ません(笑)
    これがかなり厳しいんですよねー。
    そのうちパスワードとかで出来るような、普通のブログっぽい形に改造します♪
    それにしても、続きが期待していただけるほどのレベルかどうか・・・orz

  6. malrno より:

    >料理の数量
     ええ、私も一緒に考案しました(・∀・)v
     私の言う料理の量とは、数量ではなく一品に対する重量です(笑
     本音を言えば、一品の量はもっと少ないと思ってたのですよ。。。
     それがあんな大盛りだったから、かなり焦りましたー(–;
     あれだったら、もう少し品数を減らせばよかったなぁーーー。

  7. SIG より:

    > まりあーのさん
    そうそう、1品ずつのサイズが、普通はもっと少ないですよねー。
    それでも、結果オーライなのではないでしょうか?(笑)
    次会のオフも、新たな伝説を楽しみにしてます♪

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。